メディカルアロマテラピー

講座で作ったものです☆

12月までは、展示尽くしでバタバタしていたので、

1月はちょっと休憩もかねて、他の勉強をやってみる期間に当てています。

のんびりした時間も、想像力を高めるには必要ですよね!

 

 

昨日は、メディカルアロマテラピーの一日講座に参加してきました!

わたしも最近知ったのですが、アロマテラピーにはイギリス式とフランス式の2つがあるそうです。

イギリス式:香りとマッサージによるリラクゼーション

フランス式:香りだけで無く、精油の成分を利用して病気の予防や体調不良を改善する自然療法


精油の成分を分析し治療目的で研究されているので、

医療面の臨床データが豊富とのことです。

フランスやベルギーでは、実際に治療としてアロマが使われているんですって。

 

・免疫力を高める

・自律神経の動きを整える

・アレルギーを緩和する

なんかが得意分野だそうです。

 

 

アロマキャンドルとして使用する際は、芳香浴としての意味合いが強いのですが、

どうせ学ぶなら実践的な方を、と思って、仏式の講座を受けてきました。

 

 

モノテルペンとか、ケトンとか、何やら難しい成分用語がいっぱい出て来て、

ど文系の私は最初ちょっと戸惑っていましたが、

精油の効果や仕組み、使い分けなど、アロマオイルの基礎を学ぶことができ、

すごく勉強になりました^^

 

座学と一緒に、実際に化粧水やクリームなどを作るワークショップもありました。

写真は、昨日作ったものです♪

ベースの作り方はばっちりなので、これを目的に合わせて精油の配合をかえていくと、

シミ取りのジェルだったり、傷跡を直すクリームだったり、アトピー肌用の軟膏なんかができちゃいます!

家庭の医学としては、知っていて損はない知識だと思います。

 

 

キャンドルとは離れて、違うことを勉強するのもたまには良いですね♪

 

 

☆tomo☆